東に行けぬなら西に行ってみようと思い、以前から気になっていた八十島家のルーツを探る旅をしてみた。金沢から高速で1時間ちょっとで福井に到着。

決定的な情報にはたどり着けなかったが、収穫はありました。

三国神社の拝殿の建設に、棟梁として寺町大工の八十島四郎兵衛という人物が関わったという情報を見つけたので、親戚かどうかの確信はありませんが参拝してきました。

拝殿の周りの敷石は、福井市の足羽山で採石される笏谷石(しゃくだにいし)という凝灰岩。雨に濡れて、綺麗な色になっていました。

そして、カサゴの刺身がおいしかったです。